閉じる

リンパサロンの業務内容

リンパサロンの開業に必要なスキルや、業務内容、最低限揃えておきたいもの、収入を高めるコツなどまとめました。

低予算で始められて客層も幅広いリンパサロンの仕事

リンパサロンでは、全身のリンパの流れを良くする施術を行うことで、お客様をより健康な体に導いていくのが主な仕事になります。整体などの指圧マッサージより力はいらないので、体力に自信のない女性や年配の方でも安心。サロンが軌道に乗れば、生涯のライフワークとして続けていけます。

エステやネイルサロンとは違って、ベッド一つさえあれば開業できるのもウレシイところ。初期費用がかからないうえに、客層は若い男女からおじいちゃんおばあちゃんまでと幅広く、独立開業には、まさに有利な業種なのです。

リンパサロンの開業に必要なスキル

リンパサロンを開く際にまず必要なのが、マッサージの技術ですね。リンパサロンでは、エステのようなマシンや商材は使わないので、施術者の腕がサロンの繁栄を左右します。

しっかりと収入につなげるには、開業前にどれだけ高度な技術を習得しておけるか、スクール選びも重要なポイントです。リンパマッサージには、国家資格はなく、学べるマッサージの内容はスクールによりけり。

中には、通常のリンパケアに骨格調整などを取り入れて、より即効性の高い手技を指導しているスクールなどもあるので、そういった高い技術を持ったスクールを選ぶと、他のサロンに負けない大きな武器となります。

愛されるサロンになるためには、カウンセリング、アフターカウンセリング、サロンの衛生管理など、お客様をもてなす心も忘れずに。その他にも、サロンの経営には、売上管理、広告宣伝など、様々なスキルが求められますが、これらはすべてスクールで相談することができます。

開業を目指す方は、サポートがしっかりとしたスクールを選ぶとより安心です。

リンパセラピストを目指す方におすすめのスクールはこちら

リンパサロンの開業時に最低限揃えておきたいもの

  • 施術スペース
  • 施術ベッド
  • ディプロマ

リンパサロンでは、最低限、施術用のベッドがあれば良いので、自宅サロンであれば、初期費用は2〜5万円ほどで開業することが可能です。資格は絶対に必要ではありませんが、サロンとして信頼を得るためには、スクールを出た証となるディプロマ等を掲示しておくのがおすすめ。

経営が軌道に乗ってきたら、メニューを増やしたり、販売する商材、広告宣伝ツール、顧客管理システムなど、徐々に揃えていくと良いでしょう。

目指せ!独立開業 リンパセラピスト・アロマセラピスト・ネイリストおすすめのスクールはこちら