閉じる

アロマサロンの業務内容

アロマサロンの業務内容や、開業に必要なスキル、最低限揃えておきたいものなど、解説しています。

男女ともに需要が高まっているアロマサロンの仕事

アロマサロンでは、心に直接作用するアロマオイルの効能を利用して、体と心を癒すトリートメントが主な仕事になります。独自に調合したアロマオイルを売りにしているサロンや、マッサージもリンパドレナージュや、強めのスウェディッシュマッサージなど、様々な種類があります。

アロマセラピーは、女性から根強い人気がありますが、最近はストレス社会ということもあり、男性からの需要も増えています。

アロマサロンの開業に必要なスキル

アロマサロンの開業には、精油に関する知識、トリートメント技術、カウンセリング力などのスキルが主に必要になります。マッサージで使用する精油の効能や、キャリアオイルに関する知識、また、人によっては不向きな精油もあるため、きちんとスクールを出て、協会認定の資格を取得しておくのがおすすめです。

アロマスクールによっては、検定対策とトリートメント技術を同時に学べるところもあるので、そういった講座を選ぶと良いですね。

アロマトリートメントを好む方は、癒しを求めている方が実に多いものです。カウンセリングでは、疲れている箇所を聞くだけでなく、体や心の悩みを聞き出して、それに適したアロマオイルやトリートメントの提供までできると、オンリーワンのサロンを目指すことができそうです。

アロマセラピストを目指す方におすすめのスクールはこちら

アロマサロンの開業時に最低限揃えておきたいもの

  • 施術スペース
  • 施術ベッド
  • アロマオイル
  • タオル
  • 紙ショーツ、着替え用のカゴ等
  • ホットキャビネット(できれば)JAA等の協会認定資格

最低限これらの設備を揃えた際の開業資金は、おおよそ10万円くらいになります。アロマオイルや紙ショーツなどの消耗品は、仕入れ先を手配しておくことも忘れずに。資格は、必ずしも必要ではありませんが、協会認定資格を持っておくと、個人サロンであっても信用度は高まります。

予算に余裕がある場合は、ホットタオル用のキャビネット、シャワー、メイクルームなどがあると、女性のお客様にはより喜ばれるかもしれません。

目指せ!独立開業 リンパセラピスト・アロマセラピスト・ネイリストおすすめのスクールはこちら